■会社概要  ■プライバシーポリシー
既存の工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める工法です。
砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。 日本大手保証会社の認定工法です。
天然の砕石しか使わないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。 砕石しか使わないことにより他の工法に比べC02の排出を少なくします。
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。 今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工が出来ます。
将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。
セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。
 
地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により抑制します。  
① HySPEEDドリル(直径400mm)により地盤を掘削
② 天然砕石(直径20~40mm)を投入
③ 砕石厚30cm程度にハンマー転圧(ピストンバブル)をして、十分しめ固めしながら地表まで砕石パイルを構築します。
締め固めの効果は、一般的に直径400mmで掘削したものに直径450mm分の砕石を使用し、掘削壁にその砕石を食い込ませ、砕石パイル周辺に圧密を促進します。
100年に一度の大雨と、大地震を想定した強度があります。
十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、岸壁で大きな被害が発生しましたが、砕石を使った地盤改良では大きな被害はなく、 現在の工法の中では最適とされています。
地震の時、家の揺れ方と地盤の揺れ方に違いがあり、杭はその変化に耐えられないこともあるが、砕石パイルはもともと固まっていないため、地盤の揺れに追随して、地震の揺れによる強度低下をやわらげる効果があります。
間隙水圧を消散しながら、砕石パイルとその周辺の圧密効果により液状化を抑制します。
※掲載図はすべてイメージです。